【石川商事メルマガ2021年1月号②】水道管の破裂はなぜ起きる?

水道管が凍結するのはこんな時

・外気温がー4℃以下
・外気温が1日中氷点下の真冬日
・屋外で剥き出しになっている配管
・風当たりの強い場所

水は特別な状態変化をします。普通の物質と違うのは、水が凍ると体積が1.1倍に増えます。

ペットボトルの水を凍らせるとぱんぱんに膨らんだ思い出はありませんか?

水道管凍結防止 3つの対策

1.水道管の保温

水道管や蛇口など断熱材が巻かれていない部分に、布や気泡緩衝材などを巻き付けてテープで固定し、熱が逃げないようにします。
なお、地中やや深いところに埋められた配管はさほど凍結の心配はありません。

2.水抜栓の使用(水落とし)

水抜栓(みずぬきせん)の設備がある所では、冷え込むことが予想される夜に水抜き(水落とし)をします。

3.水をチョロチョロ出しておく

水抜栓がない場合などは、夜間に蛇口を少し開けて水をチョロチョロと出しておくと凍結しにくくなります。

 

凍結防止バルブで問題解決

凍結の恐れがある時に、わざわざ人の手によりバルブを開放してチョロ水を出したり、配管の水抜きをする必要がありません。
自己完結型の温感自力式開閉バルブなので、温度変化のみで開閉するので電気を使用しないエコロジーな凍結防止バルブです。

※本メールは弊社担当との名刺交換をさせていただいている方へ配信させていただいております。

石川メルマガバックナンバー集はこちら

メール配信停止をご希望の場合はこちらへ
―――――――――――――――――――

石川商事株式会社
〒745-0814
山口県周南市鼓海二丁目118-58
TEL:0834-26-0990
FAX:0834-26-0991
URL:http://www.ishikawashoji.co.jp/
―――――――――――――――――――